Skip to main content

Teradataバルク接続

Teradataバルク接続は、 データ入力ツール データ出力ツール 経由で、大量のデータをTeradataデータベース上の空のテーブルに高速で読み書きするために使用されます。空であることに加えて、ターゲットテーブルでは2次指数を定義できません。ユーザーは、ターゲットテーブルでのSELECTおよびINSERT特権、エラーテーブルでのSELECTおよびINSERT特権、およびエラーテーブルを含むデータベースでのDROP特権が必要です。

以下のTeradataツールとユーティリティがコンピュータにインストールされている必要があります(最新バージョンはこれらのツールの推奨バージョンである14.0です)。

  • 共有ICUライブラリ

  • Teradata用のODBCドライバ

  • Teradata GSS Client

  • Teradata Parallel Transporter Base

Teradataの詳細については、Webサイト www.teradata.com を参照してください。

データ出力ツールを使用したTeradataバルク接続への書き込み

  1. データ出力ソース : ドロップダウンを使用して [ その他のデータベース ] > [ Teradataバルク ] を選択します。

  2. Teradataデータソース名 : コンピューターに設定されている使用可能なODBC接続のドロップダウンリストを使用します。

  3. ユーザー名 : Teradataに接続するための、ユーザー名資格情報を指定します

  4. パスワード : Teradataに接続するための、パスワード資格情報を指定します

  5. 接続オプションを構成する:

    • LDAP認証 : Teradataサーバーが認証にLDAPを使用する場合は、このオプションを選択する必要があります。また、ODBCドライバ構成でDSN認証メカニズムとしてLDAPを選択する必要があります。(LDAPは両方の場所で選択するか、両方の場所で選択を解除する必要があります)。

    • データ暗号化を有効にする : 転送中にデータを暗号化するには、このオプションを選択します。ODBCドライバオプション(つまり、テーブルの作成と削除)でDSN暗号化を別個に有効にする必要があります。

  6. 出力データの構成ツールオプション:

    1. ファイルごとの最大レコード数 : 書き込むレコードの制限を指定します。空白のままにしておくと無限になります。

    2. ファイル形式 : Teradataバルクローダー形式。

    3. パスワード : ドロップダウンリストを使用して、設定ウィンドウでのパスワード表示の処理方法を指定します。選択肢には次が含まれます:

      • 非表示 (既定)

      • マシンに対して暗号化

      • ユーザー用の暗号化

    4. 出力オプション : ドロップダウンを使用して、データをTeradataに書き込む方法を指定します。選択肢には次が含まれます:

      • 新しいテーブルを作成する : データを新しいテーブルに書き込みます。既存のテーブルを上書きしません。

      • テーブルを上書きする(ドロップ) : 既存のテーブルを完全に削除し、新しいテーブルを作成します。

      • 追加(重複行を無視) : 重複するレコードを無視して、既存のテーブルにデータを追加します。

      • 追加(重複行にマークを付ける) : 重複行はTableName_e2に入ります。

      • データを削除して追加する : テーブルから元のレコードをすべて削除し、既存のテーブルにデータを追加します。

    5. エラー制限 : この設定では、エラーの数がこの制限を超えた場合にレコードの書き込みを終了します。すでに書き込まれたレコードはすべてテーブルに残ります。

    6. ログテーブルとエラーテーブルの代替名 : Teradataバルクローダーは、Teradata Parallel Transporter APIを使用してデータを書き込みます。APIは自動的に3つのテーブルを作成します。名前の文字数が27未満の場合、これらのテーブルのデフォルトはテーブル名になります。文字数が27より大きい場合は、これらのテーブルの代替テーブル名を入力する必要があります。

    7. 作成前SQLステートメント : 出力テーブルの作成前にOleDbを介して実行されるSQLステートメント。SQL言語の高度な知識が必須です。

    8. 作成後SQLステートメント : 出力テーブルの作成後にOleDbを介して実行されるSQLステートメント。SQL言語の高度な知識が必須です。

    9. テーブル/フィールド名スタイル : 選択肢には [引用符付き] または [なし] が含まれます。引用符付きは、データベースタイプのQuote Identifierを検索します。

Teradataバルクローダーによって作成されるテーブルは、「tablename_lg」、「tablename_e1」、「tablename_e2」です(tablenameは6または7で入力した名前です)。レコードの書き込み中にエラーが発生すると、これらのテーブルにエラーに関する情報が保持されます。Alteryxは、データの削除と付加、およびテーブル上書き(削除)で、これらの作業テーブルを自動的に削除します。

データ入力ツールを使用してTeradataバルク接続を通してファイルを読み込む

  1. データ入力ソース : ドロップダウンを使用して [ その他のデータベース ] > [ Teradataバルク ] を選択します。

  2. Teradataデータソース名 : コンピューターに設定されている使用可能なODBC接続のドロップダウンリストを使用します。

  3. ユーザー名 : Teradataに接続するための、ユーザー名資格情報を指定します

  4. パスワード : Teradataに接続するための、パスワード資格情報を指定します

  5. 接続オプションを構成する:

    • LDAP認証 : Teradataサーバーが認証にLDAPを使用する場合は、このオプションを選択する必要があります。また、ODBCドライバ構成でDSN認証メカニズムとしてLDAPを選択する必要があります。(LDAPは両方の場所で選択するか、両方の場所で選択を解除する必要があります)。

    • データ暗号化を有効にする : 転送中にデータを暗号化するには、このオプションを選択します。ODBCドライバオプション(つまり、テーブルの作成と削除)でDSN暗号化を別個に有効にする必要があります。

  6. 入力データツールオプションの構成:

    1. レコード制限 : 入力データソースから読み込まれるレコード数の制限値を入力します。これは、テスト目的やトライアルランに役立ちます。すべてのレコードを読み込むには、これを空白のままにします。

    2. ファイル形式 : Teradataバルクローダー形式。

    3. パスワード : ドロップダウンリストを使用して、設定ウィンドウでのパスワード表示の処理方法を指定します。選択肢には次が含まれます:

      • 非表示 (既定)

      • マシンに対して暗号化

      • ユーザー用の暗号化

    4. テーブルまたはクエリ : レコードの読み取り先となるターゲットテーブル名を指定します。次をクリックしてテーブルのリストを表示します。

      for a list of tables.

    5. スプールなしの読み込み : Teradata設定 - 現在のエクスポートジョブの実行中にスプールを使用するかどうかを指定します。

    6. %完了を表示しない : オンにすると、Alteryxからファイルの読み込みステータスが報告されないため、読み込み時間が短縮されます。

    7. 作成前SQLステートメント : テーブル読み込みの前にOleDbを介して実行されるSQLステートメント。SQL言語の高度な知識が必須です。

    8. 作成後SQLステートメント : テーブル読み込みの後にOleDbを介して実行されるSQLステートメント。SQL言語の高度な知識が必須です。

    9. テーブル/フィールド名スタイル : 選択肢には [引用符付き] または [なし] が含まれます。引用符付きは、データベースタイプのQuote Identifierを検索します。

スプールモードなし

現在のエクスポートジョブの実行中にスプールを使用するかどうかを指定します。

有効な値

  • 「Spool」 = スプールを使用します。これがデフォルト設定です。

  • 「NoSpool」 = スプールを使用しません。この値は、DBSがNoSpoolをサポートしている場合にのみ有効です。DBSがNoSpoolをサポートしていない場合は、代わりにSpoolを使用します。

  • 「NoSpoolOnly」 = いかなる場合にもスプールを使用しません。DBSがNoSpoolをサポートしていない場合、DBSはエラーを伴ってジョブを終了します。

スプールオプション

NoSpoolモードは、テーブルをスプールファイルに読み込むことなく、またはファイルを抽出する前にすべてのAMPにファイルを配布することなく、できるだけ早くテーブルの内容をエクスポートします。

  • (既定)データをSPOOLします。

  • NOSPOOLONLYモードを使用しますが、NOSPOOLがサポートされていない場合はエラーを返します。

  • 可能であれば、NOSPOOLモードを使用します。それ以外の場合はTeradataデータベースにデータをスプールします。

制限と機能

  • NOSPOOLモードは、単純なSELECTステートメントにのみ適用されます。以下はサポートされていません:

  • SELECT DATEまたはSELECT USERなどの非データテーブルへのアクセス

  • USING修飾子。代わりに、FIELDコマンドとFILLERコマンドをサポートするFastExport IMPORTコマンドを使用して、拘束パラメーターを定義します

  • SORT (ORDER BY)、HAVING、またはWITH句が含まれている

  • 結合

  • 集計(SUMステップを示すExplain)

  • テーブル関数

  • 順序付けられた分析(OLAP)関数

  • 複数のSELECTステートメントまたはマルチステートメント要求

  • ゼロまたは複数の検索またはサンプリングステップを含むステートメント

  • NOSPOOLモードでは、単一のテーブルからのみデータを取得しますが、SELECTステートメントでは、エクスポートする列を選択でき、ジョブを行のサブセットに制限できます。

  • スカラー式/関数を使用できます。

  • 制限を取り除くサンプルとパーティションがサポートされています。

  • 通常のスプールジョブで返されるアクティビティ数は、影響を受けるブロックの数を示します。ただし、スプールされていないジョブの場合、ブロック数は不明です。このため応答メッセージには、(アクティビティ数ではなく) NOSPOOLプロセスを示すActivityTypeが含まれています。

NOSPOOLモードの短所

  • ロックはエクスポートプロセス全体で維持されます。

  • 以前にスプーリングフェーズ中に検出されたデータ変換エラーは、ブロックが読み取られるまで検出されず、エクスポート中にいつでも発生する可能性があります。

  • (ORDER BY句がないため)行順序が実行間で一致する場合と一致しない場合があります。したがって、NOSPOOLモードでは一貫性の保証はありません。

Spool/NoSpoolモード、Teradata FastExport Referenceの情報を参照してください。